公共職業訓練を受けながら効率的な転職

現在、失業中で新たな転職先を探しているという方の中で、経済的に余裕が無い、スキルや経験を身に付けてから転職したいと考えている方にオススメなのが公共職業訓練の活用です。

公共職業訓練は国や地方公共団体が離職者や学卒者のために実施している職業訓練制度で、様々な恩恵のもとで専門的な学習、実践的な講義等を受けることができます。
以下では、そんな公共職業訓練の詳しいメリットについてご紹介していきます。

 

1.失業手当を貰いながら学べる
公共職業訓練の最大の特徴は、失業手当を受給しながら学ぶことができる点にあります。本来の失業手当は、期限が来てしまえばそこで打ち切りとなりますが、公共職業訓練を受けている期間は失業手当の受給資格が延長され、訓練を修了するまではもらい続けることができるのです。

 

2.転職先の斡旋
公共職業訓練の最終的な目的は、訓練生が企業に就職することです。そのため、訓練を提供している側の事業主は積極的に転職先を斡旋してくれます。自分で探すとなかなか時間の掛かる求人ですが、さまざまな求人を紹介してくれるため、手間を掛けずに見つけることができるのも大きな魅力です。

 

3.スキルが身に付く
公共職業訓練は、高校や大学と異なりすぐに仕事に結びつく内容について学びます。そのため、専門性の高いスキルや実践的な経験を積むことができ、仕事を見つけてからもその仕事に訓練の結果を十分に活かすことができます。
くわえて、訓練のコースによって訓練中又は訓練修了後に資格の取得が可能なものもあります。